浮気を暴いてスグに離婚したい人の見るべきサイト

パートナーと浮気相手の両方から二重取りはできない!

浮気による離婚の慰謝料とは、どの程度の額になるのでしょうか。浮気が発覚したことでの離婚であれば、パートナーが不貞行為をした場合に、パートナーが浮気をした相手に慰謝料を請求することが可能です。ただ、浮気をした張本人であるパートナーと浮気の相手の両方には二重で請求できないという点を覚えておきましょう。もし300万円という慰謝料が認められるとしても、相手から300万円入るなら、パートナーにはそれ以上は請求できないのです。ただ、相手から十分にもらっていないなら、パートナーにも不足分を請求することが可能になります。

それから、不貞行為以前から夫婦仲が悪化していた場合や、不貞をした相手が結婚していた事実を知らなかった場合には、慰謝料は認められません。慰謝料(不貞行為以外も含め)の金額は、基準が明確にはなっていません。その時の状況によって決まるものなのです。不貞行為をしたものの離婚をしないのならば50万円から100万円が目安になりますが、離婚まで考えているなら200万円から300万円が相場となるでしょう。婚姻関係の期間が長ければそれだけ慰謝料の額が高くなる、不貞をしたパートナーと相手の年齢差が大きいことも増額される理由になるなど、状況や事情によって額は増減します。