浮気を暴いてスグに離婚したい人の見るべきサイト

賠償請求では慰謝料を請求することが可能!

夫の浮気が発覚してしまった場合には、その浮気をした本人や浮気相手に賠償責任があるということで、不貞行為に基づいた賠償請求とみなされて、法律で慰謝料請求をすることが認められています。この賠償請求の仕方というのは、不貞行為の相手と直接対面して話し合いができるなら、直に会って(2人きりではない方が賢明)、話し合いによって和解に至ることもできます。裁判を行うことになったとしても、時間がかかってしまいますし、その間に気持ちの面での負担がかかってしまうので、自分に合った方法をとりましょう。

示談書は必ず作成するようにすることが大事!

賠償責任での慰謝料について話がまとまったなら、示談書を必ず作るようにして、両者が署名捺印をして証拠として保管をしておくようにしましょう。もしも相手が示談書の作成を拒否した場合には、一括で慰謝料を支払ってもらうようにすることが大事です。もしも相手側が話し合いに応じないということや、あなた自身が相手に会いたくないと言う場合には、内容証明郵便を用いて慰謝料請求をすることが適しています。これで相手にも心的な圧力がかけられるのですが、内容証明郵便は相手にも証拠となることから、相手を脅迫するようなことや、嘘を書いて送るということは避けましょう。