浮気を暴いてスグに離婚したい人の見るべきサイト

1.浮気を暴く方法

夫の浮気を暴くとしたら、どういった方法が適切なのでしょうか。それは、やはり携帯電話を見ることです。色々な方法を使って浮気を隠そうとしても、夫の携帯電話には証拠が少なからず残っていることが考えられるからです。浮気相手と連絡を取るとしたら、携帯電話を用いることが考えられます。

夫の携帯電話を見るとしたら、まずはロックの解除をする必要が出てくるのではないでしょうか。ただ、妻と言う立場であれば夫がロックにどういった暗証番号を使っているか予想できることもあるでしょう。決まった番号を様々な暗証番号として用いている男性は多いですし、パソコン内に暗証番号一覧を保存している方もいます。よって、手段次第でロックを解除することが可能になるということです。ただ、ロックをしていること自体が浮気をしている可能性を示しているとも言えるかもしれません。

続いては、携帯電話の送受信履歴をチェックします。どういった方と頻繁に連絡を取っているかを確認しましょう。送受信履歴が削除されてしまっている場合は、契約先の携帯電話会社に連絡をして明細を取り寄せると言う方法があります。怪しい人物が特定できたなら、自身以外の携帯電話から相手に電話をすると言う手段もあります。間違い電話を装うこともポイントになります。

2.探偵社に頼むのがベスト

浮気調査をしたいなら、探偵事務所に頼むと言う手段があります。しっかりとその証拠を探ってくれるでしょう。もし相手が事実を認めない場合にはこちらに有利になるように離婚をすることはできないのです。よって、しっかりとした証拠が必要になります。自身で調査をしようとしても相手に知られてしまえば警戒されかねません。そこで、事実をなかったことにされてしまわないためにも、探偵社に頼むというのが適しているのです。

調査依頼をする際に何人の調査員を必要とするのかと言う点については、2人体制であることが多いでしょう。ただ、証拠が不十分である場合などには、1人の調査員がはっきりとさせるための調査を行います。決定的となったなら、再度相談をした上で調査員の人数や調査方法について決めていくでしょう。

3.第三者立会いで話し合いを

不貞行為などが発覚した場合には、話し合うことが大事です。ただ、夫婦のみでの話し合いでは話が滞ってしまうことがありますし、判断が冷静にできない場合もあります。そういった場合には第三者(両親や上司、友人など)が間に入ることによって、夫婦のそれぞれの言い分を客観的に聞いてもらうことができるのです。とは言え、両親になると自身の子供可愛さにより客観性に欠けることがあるでしょう。

4.離婚に向けての協議

離婚に向けて協議をする場合には、進める前の準備が大事になります。まずはリスト作りをしましょう。離婚の理由は、離婚までの生活費の確保について、もし別居をするならその際の住まい、子供の親権などについて考えておく必要があるのです。自分が望む項目に優先順位を付けることでも、交渉がスムーズになるでしょう。

また、情報や証拠になり得るものはコピーするなどして保存しておきます。慰謝料や養育費に関する資料を集めておくことも役に立ってくれます。相手の不貞行為で慰謝料を請求したいなら、その証拠となる写真や手紙、メール、そして領収書なども有効です。話し合う際には、きちんとメモをするかボイスレコーダーなどで録音するなどして記録しておくことが大切ですので、それらの用意もしましょう。

5.弁護士を紹介してもらおう

弁護士を紹介してもらうことも一案です。もしもこちら側にしっかりとした証拠があるならば、弁護士に依頼することで慰謝料請求や離婚の問題について相談をすることができるでしょう。調停離婚などではあまり弁護士に依頼するケースはないのですが、問題が複雑になっている場合などには、早めのうちに相談をすることがカギなのです。

弁護士は、インターネットで探す方法がありますし、親戚や知人から紹介してもらうという方法もあります。自身が勤務している職場の顧問弁護士に依頼する手段もあるでしょう。ただ、弁護士には得意な分野もあることから、選択は慎重に行うことが大事です。探偵社や興信所で調査をしてもらい、不貞の事実が確定した場合には、探偵社や興信所から弁護士を紹介してもらうこともできます。こうしたケースで依頼を受けた弁護士は、離婚問題などに関して、専門的な経験が豊富であるというメリットがあります。探偵社の方から見ても、弁護士が異なるだけで勝ち取った慰謝料の額も変わってくるということもあるのです。よって、探偵社や興信所から紹介してもらうことが適しているのではないでしょうか。どうしても、どの弁護士に依頼すればよいかわからない場合には、弁護士会や法テラスに相談をしましょう。また、行政が行っている無料の法律相談に相談することも手段と言えます。